各制度により異なりますが、以下が代表的な助成金内容となります。
※詳しくは各WEBサイトをご参照ください。


【現在、『国』が実施している支援事業】

「受動喫煙防止対策助成金」
■対象となる事業主:すべての中小企業事業主

■助成対象経費:工費、設備費、機械装置費など
1/2まで 上限100万円
※飲食店を営む事業所  
2/3まで 上限100万円  

■助成の対象となる措置
(1) 一定の基準を満たす喫煙室の設置・改修
(喫煙室の入口で、喫煙室内に向かう風速が0.2m/s以上)
(2) 一定の基準を満たす屋外喫煙所(閉鎖系)の設置・改修
(3) 一定の基準を満たす換気装置の設置など(宿泊業・飲食店限定)
(喫煙区域の粉じん濃度が0.15mg/m3以下、または必要換気量が70.3×(席数)m3/h以上)


【現在、『東京都』が実施している支援事業】

「事業者における喫煙専用室整備補助」
(喫煙専用室を整備する中小飲食店、宿泊施設への補助)

■補助対象:中小飲食店や宿泊施設のうち、以下に該当する事業者が対象です。
「東京都内の飲食店(個人又は中小企業が経営し、大企業が実質的に経営に参加していない店)」
「東京都内の宿泊施設」

■補助対象事業及び補助上限額
(1)「喫煙専用室」・「指定たばこ(加熱式たばこ)専用喫煙室」の設置:1施設につき、400万円上限
(2) 都が平成27年度から平成29年度に実施した「外国人旅行者の受入れに向けた宿泊・飲食施設の分煙環境整備補助金」により整備した分煙設備の撤去等に係る経費:1施設につき、150万円上限

■補助率:客席面積100㎡以下の中小飲食店が行う上記(1)の事業 補助率10分の9(それ以外の事業は補助率5分の4)

※当サイト内「分煙対策の助成金について」にも情報をご案内しておりますので是非ご参考ください。