納品時にはダクトは付属しておらず、屋根上から150Φの排気口が出ており、人体に害がある防塵またたばこのにおいを人気の無い箇所への排煙などのため、その排気口に取り付けるためのダクト工事(取り付け)は基本的に必要となります。

※完成時の排煙部の画像

【ダクト工事の例】






また、助成金を申請する場合「人が煙を吸わない場所に煙を排煙すること」が基本的な考えになっており、その際はダクト工事は必須工事となります。