ドアのオートクローザー構造

ドアのオートクローザー構造

メンテナンスのいらない自重式オートクローザーを採用

柱内部にワイヤーとウェイトを敷設し、ウェイトの自重でドアを閉める自重式を採用。
複雑な稼動構造が無いのでメンテナンスがいりません。
ウェイトの自重を調整し、最適な速度でドアを閉めることができます。

メンテナンスのいらない自重式オートクローザー

屋外用ATMブースの設計でも採用している補強構造

厚さ1.2mmのガルバリウム鋼板。独自技術の積層折曲加工により、強度を確保。
パネル接合部からの雨水の浸入も防ぎながら、ブース全体の軽量化も実現。

補強構造

エコスモーキング図面ダウンロードはこちら